ナージェ’s blog

ありきたりなこと

長濱ねる 柿崎芽実など坂道グループ卒業の真相とこれからについて

欅坂46長濱ねるさんと日向坂46の柿崎芽実さんが卒業をしてから幾日か経ちました。

両グループとも今が全盛期と言えるほどガンガン坂道を登り続けているわけなんですけれども、

グループ内でも人気の高い2人が何故卒業をする選択をしたのか追求していこうかなと思います。

f:id:naje58:20190821114407j:image

 

まずは、卒業について言及しているイベント、セレモニー、冠番組から見てみると、

長濱ねるさんは自身の卒業イベントを『ありがとうをめいっぱい伝える日』として盛大に行いました。私もイベントに参加したのですが、そこで気になった点がいくつかあったので紹介していきます。

1つはアイドルとして心身ともに疲弊し燃え尽きてしまった。やりきったといったようなニュアンスのことをおっしゃっていました。

具体的には長濱さん自身は「放電」と表現していましたが

 

「自分の中のエネルギーを放電し尽くしてしまって空っぽになってしまった」

 

また、

 

「人前に出るのに距離を置きたいと思った」

 

んー、なんだが悲しいですね。

卒業してからの将来についてあえて明言していないため夢に向かって背中を押すというような形ではなく、やりきったため卒業という形は、こちらからしてみればまだアイドルとしての長濱さんを見ていたかったため彼女はあんなに素直で良い子であるのに何故か跡を濁すものとなってしまった気がします。

また暗に人前に出ることを望まないことからアイドルを続けることができない何か重大な原因があるのでは?(例えばうつ病など)と勘ぐってしまいます。

アイドルとは基本的に人前に出ることが好きでなるという人が大半を占めると思っているのですが、仮にそうだとしてその根底が覆るほどの『アイドル』という職業のキャップがあるのでしょうか。

 

続いて柿崎芽実さんについてですが、彼女は卒業理由について自身の卒業セレモニーにて明言していました。

それは、

 

ストーカー被害

 

酷すぎる。あまりにも。

それにしても私程度では計り知れない恐怖の中、よく声にしたと思います。すごい。

 

普通に考えてみてくださいよ、10〜20代の女の子が全然知らない人間に追いかけ回されるんですよ?

仕事が終わって帰ろうとしたらいつも監視されてるんですよ?

冗談じゃない。正気じゃないですよ。

もっともストーカー本人は善意か悪意かはわかりませんが常識やモラルと言った概念が通じないのは確かです。

価値観が違う人間というのは、カルトのようなもので自分の信念に従って行動しているためその物事の正誤に関わらず基本的に何を言っても通じません。

 

ですから我々にできることは説得や注意喚起などではなく、

 

情報を渡さない

 

ということです。

具体的には

 

SNSなどに遭遇した情報を明記しない!

 

ですね。特に

 

5W1H

 

には気をつけましょう。

いつ、どこで、誰が、何を、何故、どのようにといった情報はNGです。もし過去に該当する情報があるなら削除しててください。

犯罪の片棒を担ぐことになってしまいますよ。

 

話は戻りますが、長濱さんの卒業理由について先ほど不透明に記しました。

しかし私はこのストーカー被害こそ本当の卒業理由なのではないかと考えています(憶測です鵜呑みにしないでください)

 

個人的には賢明な長濱さんがなんとなくといった理由で辞めないと思うんですよね。

疲れたからと言ってしまえばそれまでですが、タイミングや将来性を考えるとどうも腑に落ちないんですよね。

また人前に出るのに距離を置きたかったことから少なからずストーカー被害を示唆している気がして。

 

ストーカー被害については乃木坂、欅坂、日向坂それぞれの公式ホームページにて先日発表されていました。

個人では欅坂を卒業した志田愛佳さんもSOSを発信していました。

 

f:id:naje58:20190907140147j:image

 

察するに、単独犯ではなく長期にわたって多くの被害者を出しているようです。

 

まとめになりますが、これ以上このような被害を抑えるために我々にできることはとかく

 

情報を与えないこと!!

 

徹底していきましょう!

 

 

ストーカーダメ絶対。!!!

 

http://www.nogizaka46.com/news/2019/08/post-56.php