ナージェ’s blog

ありきたりなこと

欅坂46 夏の全国ツアーin東京ドーム セトリとライブレポ 卒業生の〇〇も踊ってた! ダブルアンコールで角を曲がる披露!!

どうも、私です。

今回は欅坂46in東京ドーム初日と2日目両日参加させていただきました。

ライブ中特に惹かれた点について綴っていこうかなと思います。

 

まずはセットリストですね。

 

1.Overture

2.ガラスを割れ!

3.語るなら未来を…

4.Student Dance

5.エキセントリック

6.世界には愛しかない

7.青空が違う

8.バレエと少年

9.制服と太陽

10.二人セゾン

11.キミガイナイ

12.もう森へ帰ろうか

13.僕たちの戦争

14.結局、じゃあねしか言えない

15.サイレントマジョリティ

16.避雷針

17.アンビバレント

18.風に吹かれても

19.危なっかしい計画

20.太陽は見上げる人を選ばない

EN1

21.不協和音

EN2

22.角を曲がる

 

ある程度欅ファンならこのセトリだけで気がつくと思いますが、ヤベエです。これはヤベエのです。

欅の人気ナンバーを惜しみなく詰め込んだバーゲンセール。曲順も文句なしの460点。

f:id:naje58:20190923015605j:image

ど頭から『ガラスを割れ!』会場の雰囲気がまるでライブ終盤もしくはアンコールのようなテンション。あれ?これ一曲目だよな?って思うほどのメンバーのパフォーマンスと表情。仮にライブがメンバーとファンの闘いだとするのならいきなり不意打ちをくらった感じ。曲自体は表題曲だし一発目に来てもなんらおかしくないストレートな曲なのに、こちらが油断というか変に斜に構えてるせいで初球見逃し160km。この一球一球魂込めてる感じがたまらなく好きです。

f:id:naje58:20190923025249p:image

 

『Student Dance』ではメンバーがスマホでリアルタイムで撮影をするというユニークかつ世界観に入り込んだパフォーマンス。曲中では中央のステージから水しぶきをあげメンバーのダンスをより一層輝かせていました。最後はスマホのカメラをこちら側に向けて曲終了。様々な考察があると思いますがみなさんならどう捉えますか?

f:id:naje58:20190923015725j:image

 

次曲『エキセントリック』では天ちゃんの「もうそういうの勘弁してよ」シビれた。13歳に泣かされた。というか、二期生凄くないか?まだ入って1年ぐらいで全員が欅のメンバーとして仕上がってる。後で書きますが『計画』での松田ちゃんと藤吉さんのの煽りとか保乃ちゃんの「僕は嫌だ」とか、後釜って絶対プレッシャーなのに負けないぐらいのエネルギーで魅せることができるとは…末恐ろしいな二期生。

からの急な暗転。メインステージにいたメンバーがなんとセンターステージに。あれどうやってあの短い時間で移動したんだ。マジック観てる気分でした。

f:id:naje58:20190923025150j:image

 

エキセントリックの次が『世界には愛しかない』ですよ。散々「愛なんて縁を切る」なんて言っておいて「世界には愛しかない。信じるのはそれだけだ」ですよ。どんな心境の変化あったらそう思えるんだ。宝くじ3億当たるとかかな。また曲中ではMVで使った傘を用いてたり、歌詞に出てくる歩道橋をステージで再現したりと一つ一つこだわりを感じました。

 

ちょっと飛んで『二人セゾン』この曲ですごいものを見てしまったのです!。

平手さんのソロダンスのところ、「花のない桜を見上げて〜」のところ!

ふと関係者席の方に視線が移って私の瞳に映ったものが…

 

なんと!!

 

 

志田愛佳さんと長濱ねるさんが踊っていたんです!!

 

ヤバくないですか?!?!

詳しく説明すると、前述した平手さんのソロパートを2人がサイリウムを振り回しながら踊っているんですよ!

ちなみに他の曲でも定期的に当時を思い出してなのか踊っていました。

 

さらにさらに!

 

今泉佑唯さん、米谷奈々未さんもライブに来ていたみたいなのです!!

個人的にお二方は確認できなかったのですが、

ソースは冠番組のMCでもある土田晃之さんのラジオで「卒業した4人も来ていた」と公言していらっしゃったので間違いはないかと思います!

 

んで、ねるちゃんと志田さんのダンスを見たときにどうしようもないエモーショナルな気持ちになってしまい、自然と涙が溢れてきました。

だってあれですよ!

ちょうど歌詞も、

 

「花のない桜を見上げて満開の日を思ったことはあったか?」

 

ですよ?!

 

卒業して減ってしまった現状の桜(欅坂46)を見て満開の日(21人だったころ)を思ったこと(ライブしているまさに今)はあったか?

 

と直感的に解釈してしまって、恥ずかしながら感動のあまりとてもマヌケな顔をしていたと思います(笑)

でもあれですよ!!

もちろん卒業して散っていく花は切ないですけれど、散った花は新しい花を咲かせてより輝ける場所に巡り合うだろうし、桜の木には(二期生という)新たな花弁を咲かせているので、私自身は肯定的というかポジティブな考え方です。そんなこといって卒業したらやっぱり辛いんですけどね(笑)

個人的にMVSです!

f:id:naje58:20190923024702p:image
f:id:naje58:20190923024655p:image

 

 

『もう森へ帰ろうか』という曲ではファンたちのいわゆるコールというものをしてほしくないという派閥があります。メンバーの鈴本さんがコール非推奨だったこともありだいたいコールするしないで中途半端になりがちです。

ですがドームは違いました。

緑一色のサイリウムに一切のコールは聞こえず(少なくとも私の周りでは)会場全体に一体感が生まれていました。

そしてこの曲では特に森田ひかるさんの表情に釘付けになってしまいました。

なんだろうあの、無表情なのに哀しさを感じる顔は。逆に小林さんや鈴本さんなんかは無表情に内包されている怒りや憎しみのような感情を抱いている気がしました。

感情を見せない感情表現。奥が深いですね。

 

『結局、じゃあねしか言えない』では、1日目はサイリウムの色がバラバラだったのですが2日目、様々な熱心なファンの皆様の協力のおかげで一面黄色一色になっていました。これについて、メンバーの佐藤詩織さんはとても嬉しかったとブログで綴っていました。想いというのは届くのですね。

f:id:naje58:20190923032309j:image

 

ここからの『サイレントマジョリティー』『避雷針』『アンビバレント』の強烈なラインナップが熱すぎてほぼほぼ脳死で観ていました。

かっこいいに決まってるじゃん。ズルいわ。

f:id:naje58:20190925023006j:image
f:id:naje58:20190925023010j:image

 

続いて『風に吹かれても』。

ここでは完全に平手さんと鈴本さんが優勝。2人して爆笑しながらハイタッチするシーンがもうそれはそれはファンの心を抉るわけですよ。その写真はこちら、

f:id:naje58:20190923031309j:image

ファンたちの間ではかの有名なバスケット漫画『スラムダンク』のワンシーンと完全一致と話題になっています。

それもこちら、

f:id:naje58:20190923031511j:image

 

いや、ホンマやんw

相棒とのハイタッチ。

最高かよ!!

f:id:naje58:20190925023013j:image

 

『危なっかしい計画』では、

もう盛り上がるしかねぇので。

ただただ童心に帰ればいいので。

藤吉さん、松田さんの煽りが本当に焚きつけられる。

そして、埼玉が生んだデコ出しヤンキー小林由依の殺気が込められた煽り!

ついてこいよ!

じゃない、

ついてこねぇと殺すぞ。

そんな迫力。一生ついていきます!

f:id:naje58:20190923032256p:image
f:id:naje58:20190923032305j:image
f:id:naje58:20190923032302j:image

 

 

『太陽は見上げる人を選ばない』にて会場が暖かい空気に包まれたまま本編終了。

菅井さんの挨拶がとても謙虚さを感じさせ品の良さが滲み出ています。

さっきまであんなにタオル振り回していたのに。

 

 

アンコール

 

『不協和音』

 

1日目2日目ともにあの特徴的なイントロが流れた瞬間あの場にいたもの全員が震え上がったと思います。

平手さんが参加した不協和音はなんと紅白ぶり!

私も「やるの?!やっちゃうの?!」と

困惑した反面、嬉しさと興奮に身を委ねていました。

あの時の興奮。

絶対に忘れないし忘れたくない。

そしてなんといってもこの曲の代名詞とも言えるセリフ「僕は嫌だ!」

2回目を担当していたのは元々長濱ねるさんだったのですが今回なんと二期生の

 

田村保乃さん!

 

相当なプレッシャーでしょこれ。

でも、これって誰が決めて担当するんのだろう。

指名なのか立候補なのかはわかりませんが、とりあえず言えることは…適任。あんたしかいないよ。

普段あんなにホニョホニョしているのにあんなにカッコいい姿見せつけられたら惚れないわけないじゃないですか。

ギャップ萌えですね完全に。

んがしかし、帝王平手友梨奈の「僕は嫌だ!」特に2日目の最後のそれは一瞬ではあれど、観ていた者の心に革命を起こしたであろうことは間違いない。

どうでしょう、そんな彼女を現代のナポレオン・ボナパルトと表現させていただいてもよろしいでしょうか?

顔からつま先にかけての全てを用いて体現する「僕は嫌だ!」

本当に形容しがたいのですが彼女の身体から発せられる見えないエネルギーが我々の五感を刺激し、様々な感情になるのです。

んー、適切な言葉が見つからない…伝われ〜!!

でも、見えない『何か』に魅せられたのは間違いないのです。

後に伝説として語り継がれる歴史的瞬間を目の当たりにしているのだ。

歴史とはこうして紡がれていくのだ。

誇張したかもしれませんがそんな感じです(笑)

f:id:naje58:20190925002949j:image
f:id:naje58:20190925002946j:image
f:id:naje58:20190925002952j:image

 

 

そしてなんと、2日目ダブルアンコール

 

「角を曲がる」

 

実はこの曲、平手さん主演の映画『響』の主題歌なんです。

この曲好きすぎてイントロ流れた瞬間わかりやすく頭抱えました(笑)

8枚目に収録されるかなと思っていたのですが残念ながら夢は叶わず…何か大人の事情でCDやライブでは聴けないのかなと諦めていたのですがここにきてですよ。

というか、ダブルアンコールあるの確定した時点で普通のファンなら『新曲』か『黒い羊』だと思うじゃないですか!

本当に良い意味で期待を裏切るグループ。

たった1人で新しい衣装を身にまとい歌う自身の曲。(個人的な考察でこの曲は平手さんのことを歌ってる曲だと思っているのでそう表現しました。今度歌詞とMVの考察書こうかな)

息つく間もなく気がつけば平手さんが涙を浮かべながら

 

「ありがとうございました。」

 

の一言でライブ終了。

会場全体がまるで高貴なオーケストラを観た後のようなスタンディングオベーション

鳴り止まない拍手の渦。

あぁ、これが欅坂46だと痛感しました。

間違いなく私の人生の中で一番に『響いた』ライブ。

なにより一番嬉しかったのが最後に「ありがとう」と言ってくれたこと。

その一言に彼女の人としての成長というか変化を感じました。

『少女』から『大人』へ変わっていくのです。

以前の彼女なら言わなかったであろう言葉。

恐らく彼女が一番憎んで敵意を向けていたのはファンである我々。

そりゃそうですよね

握手会で殺されかけたり、

SNSでは言われようのない悪意の雷が鳴り続けているのですから。

嫌にならない方が無理な話です。

人間だし傷つくし、私の何が分かって発信しているの?ってなりますよね。

だから耳も笑顔も心も塞いで反抗しようと思ったらアンチは勢いを増すばかりで。

『不協和音』『ガラスを割れ!』『エキセントリック』『サイレントマジョリティー』なんかはそんな自分を救ってくれるような強い曲。

けれど、この曲たちの主人公の反抗って残念ながらアンチとやってること一緒なんですよ。

もちろん曲のコンセプトである自由とか権利を胸を張って主張するのってカッコいいし救われるんですけど、仮に子供vs大人、 私vs他人(友達)みたいな構図だとしても、全員が全員敵か?って話なんですよ。寛容な大人だっているだろうし理解してくれる他人だっているかもしれないじゃないですか。

それを「大人はこうだから」「あいつはああだから」ってこれじゃあ偏見の押し付け合いでなにも変わらないし、一辺倒な考え方だなって思っちゃうんですよ。

ただ私はその子供ならではの考え方が曲に現れててとても好きなんですけどね。

でも、それじゃあ分かり合える日なんて来ない。「理解されない方がよっぽど楽だと思ったんだ」という歌詞もあるぐらいですからそれなら突き放してしまえって考え方もわかるんです。

確かに楽だろうし。

けれどどこかでそんな人間だけじゃないと気がついた時、相手を理解しようとする一歩を前へ踏み出せるような気がするのです。

今回の平手さんのその言葉は今まで漠然と敵だと思っていた我々のどこか優しさに触れたのかはわかりませんが、理解しようと前に踏み出してきてくれた「ありがとう」なのではないでしょうか。

だからこそ私は人としての成長・変化を感じたのです。

アンチと同じ土俵で戦うのではなく、敵を許容することで一歩ステップアップした人間になれたのではないでしょうか。

もちろん彼女たちやグループの根幹である自分の意思を尊重することは折れないけれど(先ほど挙げた4曲のような意思)、他人の意見の真意を知ることで視野を広げて物事を捉えられるようになるのではないでしょうか。

そういった意味で欅坂46はターニングポイントとして『角を曲がる』のです。

 

本当に良いものを見せてもらいました。

間違いなくこの夏最高の思い出です。

欅坂46のみなさん

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

f:id:naje58:20190925022538j:image

 

 

https://youtu.be/J3_IdDAr-dk